パソコンによる目の疲れが頭痛の原因|眼精疲労を改善したい

パソコンによる目の疲れを取りたい

頭痛にはいくつか種類がありますが、頭全体が締め付けられるような痛み。さらに、首すじが痛い、肩こりもある。このような症状が出ている場合は、緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛とは、日本人の20~30%が苦しんでいる頭痛です。原因は、様々あるのですが、目の疲れが大きな原因の1つです。

最近は、仕事中のパソコン作業だけでなく、ちょっとした空き時間にスマホをいじることで目への負担は増加しています。現代人の8割以上が疲れ目を感じているので、緊張型頭痛は増加し続けると思われます。

目の負担が増えている現代人に必要なサプリ

目の周りにある筋肉が疲労すると痛みが発生

物を見るには、目の位置を合わせ、目の焦点を合わせ、目に入ってく光の量を調整する必要があります。この調整を行っているのが目の周りにある筋肉です。

目に近いディスプレイを見ることは、この目の周りにある筋肉に大きな負担をかけてしまいます。すると、目の周りの筋肉にも痛みやこりが発生します。

目の周りの筋肉に発生した痛みやこりは、近くにある首、肩や筋肉にも伝わり、痛みをこりを誘発してしまうことがあります。

目、首、肩に発生した筋肉の痛みは、頭に伝わり、頭痛を引起す原因になってしまいます。これが目の疲れから緊張型頭痛が引き起こされる原理です。つまり、緊張型頭痛を予防、軽減させるためには目の疲れを防ぐことが不可欠です。

目に疲れが溜まりにくくするために必要なこと

目の機能低下を防いで目の疲れを防ぐ

長時間、パソコンやスマホを使っていると、目がかすんだり、ぼやけたりしませんか?目は酷使していると焦点が合いにくくなるなど機能が徐々に低下してしまいます。

目の機能が低下すると、目の周りに余計な力が入ってしまうため、疲れやすい状態になってしまいます。この機能低下を防ぐことができれば、目の疲れを予防することができます。


物を見る仕組み
目から入った光は、目の奥の網膜に映し出されます。すると、網膜内にあるロドプシンという物質が分解されます。このとき電気信号が出て、脳に伝わり、物が見えるようになります。

通常、分解したロドプシンはすぐに再合成され、また働きます。しかし、目を使い過ぎるとロドプシンが元に戻るよりも早く分解が進んでしまうため、数が減少してしまいます。

すると、目に光が入っても脳に信号が送られず物が見えにくくなります。物が見えにくいと、目を細めるなど、目に余計な負担がかかってしまい、目が疲れやすくなります。

このロドプシンの減少を食い止めてくれるのが、ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンという物質です。アントシアニンは、ロドプシンに働きかけ、再合成をスムーズにしてくれます。この働きにより、目にかかる負担を減らすことが出来て、目の疲れが解消されます。

スマホえんきんブルーベリーが目に良いことはCMやテレビなどで見て知っている人は多いかと思います。ただ、ブルーベリーは馴染みの少ない果物なので、毎日食べるのはちょっと大変。それに、お金も気になりますよね。

なので、ブルーベリー(アントシアニン)を取るためには、サプリメントを利用するのが便利です。ブルーベリーやビルベリーなどから抽出したアントシアニンを小さなタブレットにしているので手軽に取ることが出来ます。

価格は、商品によって異なりますが1500円から4000円くらいです。サプリメントは薬ではないので、効果は人それぞれです。『価格が高いから効果が高い』というわけではありません。

数あるブルーベリーサプリメントの中で、初めて使う人にお勧めなのが、ファンケルのスマホえんきんですね。その理由は、お手ごろ価格と返金補償です。

ネット通販で購入すると、初回だけの特典なのですが、通常1袋(2週間分)780円のところを、もう一袋付いて2袋(4週間分)で780円です。送料も無料。

さらに、無期限の返金補償まで付いてきます。使ってしまっても効果を感じられなければ、全額返金してくれます。返金補償があれば、安心して試すことができますよね。

スマホえんきんは格安ですが、もちろん成分はしっかりしています。アントシアニン以外に目に良い成分ルティンやビタミンなども配合されています。