ビタミンAを摂取するときは

目に良い栄養素はビタミンA|摂取するときに気をつけることは

ビタミンAを摂取するときは

ビタミンの中で、特に目に良いと言われるのがビタミンA
です。別名『目のビタミン』とも言われるほど目の健康
には欠かせない栄養素です。


wビタミンAは、長時間パソコン作業などで目を酷使
すると、ビタミンAはどんどん消費されいつの間にか
不足してしまうことがあります。ビタミンが不足した
ときに起こる症状は以下のようなものがあります。


ビタミンAが不足すると起こる症状
1.目が乾燥しやすい
ビタミンAには涙の量を調整し、目の粘膜を正常に保つ
働きがあります。不足していると、この機能が低下します。


2.光に目がなかなか慣れない
ビタミンAが不足すると光を感じにくくなるため、明るい
ところから暗いところに入ると、なかなか目が慣れない
という症状が表れます。


3.肌が乾燥しやすくなった
ビタミンAには目の乾燥だけでなく、皮膚の乾燥も防ぐ
働きがあります。


4.風邪をひきやすくなった
ビタミンAは粘膜の乾燥も防ぐ働きがあります。ビタミン
Aが不足して、粘膜が乾燥してしまうと細菌が体内に入り
込みやすくなり、風邪を引きやすくなります。

風邪を引きやすいときは、ビタミンAだけでなく他のビタミン
が足りていない可能性もあります。 


ビタミンAを効率よく摂取するには
ビタミンAは、油に溶けやすいという性質が性質があり
ます。また、熱にも強いので、加熱調理しても壊れること
が少ないです。さらに、水には溶けにくいので長時間水に
つけていても失われることはありません。


このような性質を持っているので、ビタミンAを多く含む
食材を油で炒めることで効率よく吸収することができます。
もし、サラダなど生で食べたいときは、油が使われている
ドレッシングをことをお勧めします。

ビタミンAを多く含む食材は、レバー、うなぎ、たまご、
にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜です。


ビタミンAを摂取するときは、注意しなくてはいけないことが
あります。油には溶けるのですが、水に溶けないため、余った
ビタミンAは体の外に排泄されずに、体内に蓄積されてしまい
ます。


普通の食生活をしていれば問題ありませんが、サプリメント
などで、過剰に摂取してしまうことがあります。過剰摂取は、
頭痛やめまい、吐き気などの症状が出てしまうことがある
ので注意してください。。


目に良い栄養を手軽に取るには


TOPPAGE  TOP 

通信販売サイト