目の疲れと眼精疲労は違う|目のケアをしないと症状は悪化

疲れ目と眼精疲労を同じ意味で使っている人が多いようですが、厳密に言うと違います。医学的には、一時的な目の疲れを『目疲労』、慢性的な目の疲れを『眼精疲労』と言います。

疲れ目(目疲労)とは
一時的な目の疲れで、一晩でも十分な睡眠をとる事で次の日には回復します。しかし、疲れ目になる状態を続けていくと、眼精疲労になってしまいます。

眼精疲労とは
慢性的な目の疲れで、十分な睡眠をとっても回復しない、もしくは回復しても、すぐに目が疲労してしまいます。症状は、目の痛み、乾き、かすみ、充血、クマ、まぶたの痙攣などが起こり、さらには目だけでなく頭痛、肩こり、こり、吐き気なども伴います。

さらに、症状がひどくなると吐き気や不眠、イライラ、うつなど精神的な病まで発症してしまうこともあります。眼精疲労は、疲れ目のように一晩寝れば回復するようなものでなく、パソコン作業の時間を減らすなど生活環境を変えなければいけません。

と言っても、なかなか生活環境を変えることは難しいですよね。そこで、パソコン作業をする環境(照明やモニターの向き)を変えたり、パソコン作業をするときの姿勢を変えます。

さらに、サプリメントやツボ押し、マッサージなどを行うことが目の疲れ解消には効果的です。

目に良いサプリメントで症状の悪化を防ぐ

関連記事

関連記事がありません。