長時間のパソコンは効率を下げる|こまめな休憩と目のストレッチ

長時間パソコン作業を続けると目が疲れ、目の痛みや乾き、かすみを感じるようになり、さらに首のこりや肩こりなども発症します。

このような症状が出ても、休憩を取らなかったり、残業したりして無理な作業を続けてしまうと、ストレスがどんどんたまり、イライラ、不眠など精神的な症状まで現れるようになります。

当然ながら精神的に不安定になると、集中力や注意力が低下し、作業効率はどんどん低下します。作業効率を良くしようと無理して作業したのに、結果的に作業効率が低下しまっている人が多いようです。

作業効率が落ちると、ますます焦り、休憩時間を削り、残業時間が増えてしまい、眼精疲労はさらに悪化し、作用効率はさらに下がってしまいます。

そんな状況に陥らないためにも、こまめに休憩を取り、疲れを溜め込む前に解消して、作業効率を上げるようにしましょう。パソコン作業中の理想的な休憩時間は、1時間に1回、10分です。

さらに、休憩中に目から30センチ程度離れたものと、3mくらい離れたものを交互に見ると、目の周りの筋肉がほぐれて、血行が良くなり、目の疲れが溜まりにくくなります。

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。