頭痛を悪化させないためには|自宅でくつろぐときも注意

自宅でゆっくりくつろぐことは、首や肩の筋肉の緊張をほぐすので、頭痛を和らげるのに大切なことです。しかし、間違った姿勢でくつろいぎ、それが習慣化してしまうと、逆に頭痛を悪化させてしまうこともあるので注意してください。

くつろぐときの注意点
1.あぐらをかいて座る。
あぐらをかいて座るのは楽なのですが、どうしても猫背になってしまいがちです。すると、頭は前方に傾き、その頭を支える首の付け根や肩に負担がかかります。

2.太ももに両肘を乗せて座る
ソファーに座ってテレビを観るときに、太ももに両肘を置いていませんか?この姿勢は、顔だけを上げているので、頭部、首、肩へ負担がかかります。

3.横向きに寝転がり、片肘を床について、頭を支える
毎回同じ方向に寝転がっている人は、とちらか片方の首に負担をかけ続けてしまいます。

4.うつぶせでテレビを観る
うつぶせの状態で顔を上げると、肩をすくめた状態になり首の付け根から肩周辺の筋肉に負担がかかります。

以上のように、くつろいでいるつもりが、実は筋肉にとって大きな負担となっていることがあります。ときどき、猫背になっていないか、肩がすくんでいないか、長時間同じ姿勢
をしていないかなどを気にしてみてください。

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。