ツボ押しの効果を高める方法|目の筋肉をストレッチでほぐす

目の周辺には、眼精疲労を和らげるツボが集中しています。3大ツボの睛明、客主人、風池と合わせて押すことで、高い効果が期待できます。

目の周辺には、3大ツボの1つ「客主人」(きゃくしゅじん)の他に「瞳子りょう」(どうしりょう)「太陽」(たいよう)「和りょう」(わりょう)の3つのツボがあります。

目じりから・コメカミ・生え際への直線上に横並びで「瞳子りょう」「太陽」「客主人」「和りょう」の順で存在しています。

これらのツボは、一箇所に集中して存在しているので同時に押すことができ、疲れ目には大きな効果が望めます。

押し方は、両方の手のひらの付け根部分を、目じりから生え際を結んで直線上に置きます。このとき指は頭を包み込むようにします。目をつぶり、約1分、上の方に押し上げるような感じでゆっくりと圧をかけてください。

手のひらで同時に押すことで、過剰な圧をかけることをを防ぐことができ、肌にも優しい方法になります。さらに、広い範囲を一度に押すので、ツボの正確な位置が分かっていなくても、簡単にツボ押し効果が得られます。

ツボ押しに加えて、目の筋肉のストレッチを加えることで更なる眼精疲労を和らげることが出来ます。

ストレッチと言ってもとても簡単です。簡単ですが、こり固まった目の周りの筋肉をほぐすことが出来ます。

1.顔を動かさずに目だけを上下左右に動かす
2.目だけをグルッと1回転させる
3.まぶたを強くつぶりぱっと開く

この動作を1日10回程度行います。上手く目だけを動かせない時は、人差し指を使います。目の前に片方の手の人差し指を立てて、爪を見つめます。

そして、爪を見つめた状態で、腕を上下左右、大きく円を描くように動かします。こうすれば、簡単に目だけを動かすことが出来ます。痛みを感じることがありますが、それはコリ固まっていた筋肉がほぐれている証拠です。コリがほぐれると痛みはなくなります。

3大ツボ、目の周辺のツボ、そして目の筋肉のストレッチなどを組み合わせて上手に眼精疲労を和らげましょう。

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。