パソコン作業用メガネで目の疲れを防ぐ|見えすぎは良くない

メガネで視力を矯正している人は注意が必要です。
通常、メガネやコンタクトを作るときは、車の運転などをする
ことを考慮して、1.0ぐらいになるように作りますよね。

つまり目は、遠くに焦点が合うように矯正されています。
その状態で、目から数十センチしか離れていないディスプレイ
に焦点を合わせようとしたら、目の周りの筋肉はいつも以上の
力を必要とします。

腕や脚などの筋肉と同じように、目の筋肉も力が入った状態を
何時間も続けば、疲れは蓄積してしまいます。

目の筋肉の疲労を防ぐためには、メガネの度数をあまり上げない
のが良いのですが、パソコン作業以外のときに遠くのものが見え
ないのは困ってしまいますよね。

そこで、パソコン作業用に度数を落としたパソコン作業用
メガネを作ることが有効になります。

2つのメガネを使うのは面倒かもしれませんが、目への負担は
かなり減らすことが出来ます。もし、度数の弱い昔のめがねが
あれば、それを使ってみるのも良いかもしれません。

>>パソコンによる目の負担を解消するサプリはこちら

関連記事

関連記事がありません。