目の疲れに効く食べ物|栄養をしっかりとって頭痛予防

目に良い食べ物は?と聞かれると、多くの人がブルーベリーと答えるのではないでしょうか。ブルーベリーの皮に含まれるアントシアニンという紫色の色素に目の健康を保つ働きがあります。

アントシアニンを取ると、目の周りの血行が良くなります。血行が良くなると、目にたまった老廃物の排泄が促進されます。また、酸素や栄養素がたくさん運ばれてくるので目の疲れが取れます。

アントシアニンはブルーベリー以外にも紫色の食べ物、黒豆やぶどう、赤ワイン、しそに多く含まれています。

目に良いビタミン

ビタミンA
ほうれん草、にんじんなどの緑黄色野菜やうなぎ、レバー、バターなどに多く含まれています。ビタミンAには、目の渇きを防いだり、目の働きを助ける効果があります。

ビタミンB
うなぎ、豚肉、タマゴ、サンマ、サバ、大豆などの豆類、米の胚芽などに多く含まれています。ビタミンBには、目の疲れを和らげる効果があります。

ビタミンC
アセロラ、柿、グレープフルーツなどの果物、ピーマン、ブロッコリーなどの野菜類、サツマイモなどに多く含まれています。ビタミンCには、ストレスからくる目の疲れを和らげる効果があります。

今回紹介した食べ物(栄養素)だけを食べていれば目の疲れが取れるわけではありません。色々な栄養素が組み合わさることで、目の健康を保つことが出来るのです。栄養バランスの整った食事をすることが目の健康にとって、最も大切ということを忘れないでください。

手軽に目に良い栄養素を取る方法

関連記事

関連記事がありません。