長時間のパソコン作業をするときはこまめに休憩を

パソコンで作業をしていると、ほとんどの時間モニターだけを見続けることになります。すると目の焦点は、狭い範囲にずっと合わせることになり目のピント調整、目のピント調整をする部分に大きな負担がかかります。

長時間その状態を続けてしまうと、眼精疲労がたまり、首のこりや頭痛、酷いときは吐き気まで引き起こしてしまうことがあるので注意してください。

パソコンを長時間を使い続けるときは、1時間に1回目は休憩を取りましょう。さらに、その休憩のときにツボ押しや目の体操などすると眼精疲労を和らげることが出来ますよ。

トップページに戻る

関連記事

関連記事がありません。