蒸しタオルでツボ押し効果アップ|電子レンジですぐに作れる

長時間のパソコン作業による目の疲れを解消するために目の周りや首にあるツボを押している人は多いと思います。そのツボ押しと一緒に行うことで、目の疲れを取る効果を高める方法があります。

蒸しタオルを目に当てて温めることで効果が高まります。

目が疲れているときは、目の周りの血のめぐりが悪くなっていることが多いです。血の巡りが悪くなると、老廃物の排泄が悪くなり、疲れがどんどん溜まります。

蒸しタオルにより目の周りが温められると、筋肉がほぐれ血行を良くすることが出来ます。その状態で優しくゆっくりツボ押しを行うことで、さらに血行が良くなり目の疲れが
和らぎます。

蒸しタオルで目だけでなく、顔全体を温めれば同時お肌を綺麗にするうれしい効果も。

蒸しタオルの作り方
水でぬらしたタオルを水滴が出てこなくなるまでギュッと絞り、ラップやビニール袋に入れて、電子レンジ(600W)で1分程度温めるだけで作れます。

蒸しタオルを作るのが面倒なときは、スチームアイパックなど蒸しタオルと同じ役割を果たす商品もあるので、探してみてください。

トップページに戻る

関連記事

関連記事がありません。